医師が関わり、一緒に創り上げる。地域に貢献する施設を目指して

contents

 私は東京の虎の門病院で、呼吸器診療、睡眠医療に、長年携わってきました。
良い睡眠をとることが、健康に長生きするうえで、非常に重要であることと確信し、
私は睡眠時無呼吸症候群の治療を多くの方にしてまいりました。

その診断、治療は特殊なものでなく、
高齢者や介護を受けられている方にも必要で重要な医療です。

アーバンリビング相模原では、
入居されている方に快適な生活を送っていただくために、
良い睡眠が確保できるような環境と、
適切な睡眠生活習慣指導、介護を提供してまいります。

毎日の入居生活中で、睡眠する時も含め、24時間快適な時間を提供いたします。
いびきの大きな方には、睡眠時無呼吸の治療も受けられるように考えています。

また、本施設の屋上には農園も設け、自然と触れ合っていただきたいと考えています。

父と私が生まれ育った生地に、このたび本施設を設立し、
地域の方々に心から貢献していきたいと考えております。

定期的な健康講演会なども開催し、理想的な施設にしてまいります。